【大麻】インディカ vs サティバの違い【画像1枚で解説します】

次のような疑問に答えます。

「大麻で”インディカ”と”サティバ”の違いを知りたい。長文は読みたくないので、わかりやすく簡潔に教えてください。」

筆者の僕は「タイで大麻ショップ」を経営しています。そして日常的に「インディカとサティバ」を吸っています。本記事で研究データを読み解きつつ、僕の体験談も掲載します。

インディカ vs サティバの違いとは

インディカ vs サティバの違いとは

上記のとおり。ハイブリッドという種類もあります。

ハイブリッドは「3種類」ある

  • インディカ寄りのハイブリッド:リラックス効果が高め
  • サティバ寄りのハイブリッド :頭スッキリ効果が高め
  • バランスの取れたハイブリッド:双方のメリットがある

大麻ショップでは「3つの分類方法」が定番です。
しかし、この分類には問題があるので、解説します。

大麻の分類方法には、問題がある件

繰り返しですが、下記の分類が定番です。

  • インディカ:リラックス効果、痛みの軽減、不眠解消
  • サティバ:頭がスッキリ、集中力アップ、元気アップ
  • ハイブリッド:インディカとサティバの中間の効果

しかし研究者であり作家として有名な「Ethan Russo氏 (イーサン・ルッソ氏)」は「インディカとサティバの区別は、全くもって意味がない」と主張します。その理由は「品種の違いから、効果は測定できないから」です [1]。

大半の大麻ショップでは「インディカ=リラックス」で「サティバ=集中力アップ」といった売り方をします。しかし正確には「大麻の効果=成分で決まる」なので、品種で分類しても意味がないです。最近は、この考え方が主流です。

大麻の成分と効果を、少し深掘りする

前提条件として、大麻には「2つの成分」があります。

  • カンナビノイド:大麻に含まれる化学物質の総称。THCやCBDが有名
  • テルペン:大麻に含まれる化学物質で、良い香りがある。香水に使われる

大半の人は「THCが強い=大麻が強い」と判断しますが、それは間違いです。大麻には「アントラージュ効果」があり、要するに「相乗効果のこと」です。THCだけを接種するよりも、同時にCBDやテルペンを摂取することで、全体の効果が高まります。大麻を選ぶ際には、成分に着目することで新たな世界が開きます [2]。

カンナビノイドの成分表

CBD 酩酊効果なし。痛み解消。不安解消。不眠解消
CBG 酩酊効果なし。食欲アップ。眼圧を下げる効果
CBN 酩酊効果なし。不眠解消。アルツハイマー治療効果
CBDA 酩酊効果なし。抗炎症。不眠解消。乳がん治療効果
CBC 酩酊効果なし。抗菌作用。脳細胞を成長させる
THC 酩酊効果あり。落ち着く。幸福感。痛み解消
THCA 酩酊効果なし。抗菌作用。神経保護。不眠解消
THCV 酩酊効果は弱い。食欲抑制。PTSDやアルツハイマー治療
THCH 発見されたばかり。酩酊効果あり。気分向上。痛み解消
THCP 発見されたばかり。酩酊効果がTHCより33倍、強いかも
THC-O 発見されたばかり。THCより強く、幻覚効果があるかも
Delta-6a10a 発見されたばかり。酩酊効果あり。自信と生産性向上
HHC 発見されたばかり。THCより弱い酩酊効果。エネルギー向上


テルペンの成分表

Limonene
(リモネン)
柑橘やシトラスの香り。リラックスや減量効果
Myrcene
(ミルセン)
土や森の香り。不眠、抗菌、抗炎症作用あり
Pinene
(ピネン)
柑橘系パインの香り。抗炎症。喘息にも効果あり
Linalool
(リナロール)
フローラルな香り。不安解消。ニキビ改善
Caryophyllene
(カリオフィレン)
ウッディーな香り。鬱やPTSD改善
Carene
(カレン)
甘くて土っぽい香り。骨の成長。認知機能の向上
Bisabolol
(ビサボロール)
花の香り。抗菌作用。化合物の吸収を高める
Borneol
(ボルネオール)
墨の香り。鎮痛効果。不眠解消にも効果あり
Eucalyptol
(シネオール)
さわやかなメンソールの香り。抗菌、鎮痛
Terpineol
(テルピネオール)
花のフルーティーな香り。癌の治療効果
Cineole
(シネオール)
すっきりミントの香り。抗菌、抗炎症の効果
Humulene
(フムレン)
ホップの香り。癌の治療。食欲の抑制効果

上記は、様々な情報ソースから引用しました。
参考までに、下記がテルペンの「沸点」となります。

テルペンの沸点(=この温度を超えないことが推奨)

Limonene (リモネン) 156℃
Myrcene (ミルセン) 167℃
Pinene (ピネン) 156℃
Linalool (リナロール) 198℃
Caryophyllene (カリオフィレン) 130℃
Carene (カレン) 170℃
Bisabolol (ビサボロール) 153℃
Borneol (ボルネオール) 210℃
Eucalyptol (シネオール) 176℃
Terpineol (テルピネオール) 50℃
Cineole (シネオール) 176℃
Humulene (フムレン) 125℃

例えば「カリオフィレン ( = 鬱やPTSDの改善) 」を狙って吸いたいなら、温度は「130℃ 以下」が推奨です。しかしTHCの沸点が「157℃」なので、130℃で吸っている場合は、THCが排出されません。なので酩酊効果も起こりません。

こういった場合は、例えば最初は「130℃」でスタートして、まずはカリオフィレンを楽しみます。その後に温度を上げてTHCを楽しむことも可能です。また温度を上げる際には「180℃ 以上」がオススメです。理由は「180℃ = CBDの沸点」であり、この温度を超えることでCBDも摂取できます [3]。

どのように、大麻を選ぶべきか?

どのように、大麻を選ぶべきか?

大麻を選ぶには、3つの方法があります。

  • その①:気分で選ぶ
  • その②:香りで選ぶ
  • その③:目的で選ぶ

気分で選ぶ場合は、シンプルに「リラックスを求める=インディカ系」で「楽しさを求める=サティバ系」で良いと思います。初心者なら、これで問題なし。

香りで選ぶ場合は、シンプルに「自分が好む香り」を選んだらOKです。経験から思うことですが、好きな香りの大麻を選ぶことで、自分が欲しかった効果を得られることが多いです。人間の嗅覚は、わりと性能が高いです。

大麻を「目的」から選ぶ方法

目的別で、オススメな大麻をまとめます。

睡眠 Blackberry Kush、Master Kush、Purple Punch
SEX Rainbow、Trainwreck、Watermelon Zkittlez
創造性 Lemon Berry Candy OG、Blue Dream、Berberry Cheesecake
エナジー Pineapple Express、Green Crack、Sour Diesel
ストレス Strawberry Banana、Wedding Cake、Lava Cake
食欲増進 Ice Cream、Cherry Pie、Black Diamond
初心者用 Northern Lights、Blueberry、Blue Dream

上記は「Budtender Listicle」から引用しました。他にもツールがあり「Leafly - Browse Weed Strains」のページでは、目的別に大麻を探すことができます。とはいえ、大麻の効果は「人によって異なる」なので、あくまで参考程度にどうぞ。

大麻の「吸い方」も重要です

多くの人は「ジョイント」で大麻を吸います。

大麻のジョイント

しかしジョイントで吸う場合は「肺へのダメージ」が大きく、かつ「紙が焦げる際の有害物質」も発生します。このようなデメリットが、大麻の味を損ないます。味わって大麻を楽しみたい方は「ベポライザー」がオススメです。詳しい内容は「大麻には”3つの吸い方”があります」の記事に書きました。

というわけで以上です。 読んでいただきまして、ありがとうございます😌🙇‍♂️


[1]: The Cannabis sativa Versus Cannabis indica Debate: An Interview with Ethan Russo, MD
[2]: The entourage effect: How cannabis compounds may be working together
[3]: Want the most from your cannabis terpenes? Temperature matters
[カンナビノイド情報の引用元]: The scientific trends of cannabinoid research / What are Cannabinoids: Their Benefits, Side Effects, & More / Your guide to the hottest hemp cannabinoids
[テルペン情報の引用元]: Terpenes And Marijuana: Everything You Need To Know / Cannabis Terpenes Effects Guide: Complete List & Chart / 15 terpenes in cannabis explained [Updated 2023]


📝 無料メルマガで発信中:過去の僕は「ブログ発信で5億円」を稼ぎました。次は「30億円」を目指します。挑戦しつつ、裏側の思考を「当メルマガ」で発信します。不満足なら1秒で解約できます。無料登録は「こちら」です。