Written by Manabu Bannai

Books


このページでは「僕が読んた本」を時系列で掲載しています。しかし、サイト作成以前に読んだ本は掲載できていないので、本当にオススメできる本だけ「こちら」にまとめました。



Rework: Essential way of Thinking for Startup

Rework shows you a better, faster, easier way to succeed in business. You'll learn how to be more productive, how to get exposure without breaking the bank, and tons more counterintuitive ideas.

» この書籍のレビューを読む

書くことについて:ベストセラー作家から「書くこと」を学べる一冊

ベストセラーを次から次へと生み出す、アメリカを代表する作家が、自らの「書くことについて」を解き明かしした自伝的文章読本。ひとりの作家の「秘密」がそこかしこに語られるドキュメンタリー。

» この書籍のレビューを読む

海の向こうで戦争が始まる:圧巻な世界観。衝撃な結末

書く前に、わたしは3つのことを決めていた。1:「限りなく透明に近いブルー」とはまったく違う内容のものを書く。2:それは「寓話」となる。3:「前衛的で売れない」小説を書く。その3つはだいたい達成された。

» この書籍のレビューを読む

The Starfish: How to Create a Decentralized Community

What’s the hidden power behind the success of Wikipedia, Craigslist, and Skype? After five years of ground-breaking research, Ori Brafman and Rod Beckstrom share some unexpected answers.

» この書籍のレビューを読む

アマテラスの暗号:日本の歴史は「嘘」だったのか? 常識への挑戦

これはあなたの歴史の常識への挑戦です。われわれにとってタブーでありつづけた、古代史究極の謎。ダ・ヴィンチ・コードを凌ぐ歴史ミステリーが、禁忌の秘史に迫る! あなたはこの本を読んだあと、単なる作り話だと言えますか?

» この書籍のレビューを読む

Alchemy: The opposite of a good idea can also be a good idea

The surrounding world is irreducibly complex and random. This means future success can’t be projected. To strike gold, you must master the dark art and curious science of conjuring irresistible ideas: alchemy.

» この書籍のレビューを読む

異常 (アノマリー):まるで「海外ドラマ」を見るような展開の本

殺し屋、ポップスター、売れない作家、軍人の妻、がんを告知された男……なんのつながりもない11人だったが、ある飛行機に同乗したことで、運命を共にする。飛行機は未曾有の巨大嵐に遭遇し、乗客は奇跡的に生還したかに見えたが――。

» この書籍のレビューを読む

The Infinite Game: Essential Mindset for Creating Business

How do we win a game that has no end? The rules of an infinite game are changeable while infinite games have no defined endpoint. There are no winners or losers—only ahead and behind.

» この書籍のレビューを読む

第三の嘘:戦争の悲惨さが、長期で継続することを学べる一冊

ベルリンの壁の崩壊後、双子の一人が何十年ぶりかに、子どもの頃の思い出の小さな町に戻ってきた。彼は少年時代を思い返しながら、町をさまよい、ずっと以前に別れたままの兄弟をさがし求める。双子の兄弟がついに再会を果たしたとき、明かされる真実と嘘とは?

» この書籍のレビューを読む

ふたりの証拠:文体は、少年の裸体に似て無駄のない簡潔さ

戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。強烈な印象を残した『悪童日記』の続篇。

» この書籍のレビューを読む

ギケイキ:圧倒的に面白い、歴史小説。人間の”本質”と”経済”を学べる

千年の時を超え、私は、私の物語を、語ろうと思うー私の名は源義経。打倒平家を胸に、都会的なファッションに身を包み、早業を駆使。鞍馬での幼年期から奥州への旅。古典『義経記』が超絶文体で現代に甦る!激烈に滑稽で悲痛な、超娯楽大作小説。

» この書籍のレビューを読む

悪童日記:戦争には、血も涙もない。天才の兄弟が心を破壊する物語

戦火の中で彼らはしたたかに生き抜いた――大都会から国境ぞいの田舎のおばあちゃんの家に疎開した双子の天才少年。人間の醜さ、哀しさ、世の不条理――非情な現実に出あうたびに、彼らはそれをノートに克明に記す。女性亡命作家のデビュー作。

» この書籍のレビューを読む

夏の花:すべての日本人が読むべき、原爆の物語

原爆が広島に落とされ、その直後の状況が描かれています。当初の書籍名は「原子爆弾」という名前でしたが、しかし「GHQの検閲」を考えた上で撤回され、名称が「夏の花」となりました。

» この書籍のレビューを読む

告白:とにかく面白く、声を出して笑える作品。しかし奥が深い

人はなぜ人を殺すのか――。実際に起きた「河内十人斬り」をモチーフにした作品です。第41回:谷崎潤一郎賞受賞作。

» この書籍のレビューを読む

今夜、すベてのバーで:アル中の小説ですが、本当に学びが深い

「この調子で飲み続けたら、死にますよ、あなた」それでも酒を断てず、緊急入院するはめになる小島容。ユニークな患者たちとの会話や担当医師との対話、ときおり訪れる、シラフで現実と対峙する憂鬱、実体験をベースに、生と死のはざまで揺らぐ人々を描き、吉川英治文学新人賞に輝いた作品。

» この書籍のレビューを読む

深い河:これからの生き方について、改めて考えようと思った一冊

愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。毎日芸術賞受賞作。

» この書籍のレビューを読む

運転者:小説だけど、ビジネスの「本質」を学べる一冊

なんで俺ばっかりこんな目に合うんだよ。思わず独り言を言ったそのとき、ふと目の前に、タクシーが近づいてくるのに気がつく。それは乗客の「運」を「転」ずるという摩訶不思議なタクシーだった。

» この書籍のレビューを読む

僕らのごはんは明日で待ってる:心に「安らぎ」を与える一冊

兄の死以来、人が死ぬ小説ばかりを読んで過ごす亮太。けれど高校最後の体育祭をきっかけに付き合い始めた天真爛漫な小春と過ごすうち、亮太の時間が動きはじめる。神様は乗り越えられる試練しか与えない。

» この書籍のレビューを読む

モンスター:整形と復讐がテーマの小説。一気に読めます

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。

» この書籍のレビューを読む

ライオンのおやつ:死の描写に関して、最も「納得感」のある作品

人生の最後に食べたいおやつは何ですか? 若くして余命を告げられた主人公の雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、穏やかな景色のなか、本当にしたかったことを考える。今が愛おしくなる物語。

» この書籍のレビューを読む

天国はまだ続く:人間関係や人生で疲れている方向けの一冊

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。心にしみる清爽な旅立ちの物語。

» この書籍のレビューを読む

カエルの楽園:物語の内容が現実になり、予言の書と呼ばれる一冊

単行本刊行後、物語に描かれた出来事が次々と現実に。「予言の書」と呼ばれた、全国民必読のベストセラー本。若い世代から大人まで、年齢を問わず夢中になれる物語。

» この書籍のレビューを読む

The Internet of Money (Advent of Justin-Bieber-Coin)

The Internet of Money by Andreas M. Antonopoulos is the best book for the beginner of Bitcoin. This article is a summary with important highlights.

» この書籍のレビューを読む

How to Win Friends & Influence People - 3 Important Facts

I'm astonished by reading this book again. The method for success is included in this book. I wrote this article because I read it regularly and reflect on how I behave in my life.

» この書籍のレビューを読む